ブログ運営

読まれるブログにするための記事構成のつくり方

こんにちは。やまだしです。

今回は、こんな悩みを持った方へ向けた記事です。

文章が苦手なんです。
記事を書き始めよう手が止まってしまう
書こうとしてる内容が漠然としていて頭の中で整理できない
必死に書いた記事が全然読まれていない

 

特にブログを始めたばかりの初心者は、記事を書き始めようと思っても書いたり消したりしてしまって、なかなか1つの記事を完成させることができないという人が多いです。

 

私も最初は1記事に何十時間もかけてました。。

 

または、待てど暮らせど、一向に全然読まれている気配がないという事態。

せっかく何時間もかけて書いたのに誰にも見てもえないなんてすごく悲しいですよね。。

 

そもそもなぜ記事が読まれないんでしょうか?

実はこの悩みを抱えている人が絶対やってしまっていることがあります。

 

いきなり文章書き始める。

 

これやっていませんか?

 

なかなか記事が書けないのは文章力の問題ではないんです。

書きたい内容が漠然と頭の中をかけめぐっている状態で書き始めても、時間だけが過ぎて一生記事が書き終わらない上に、まとまりのない記事になってしまうんです。

そうならないためにも、今回は記事を完成することすらもできなかった人でも絶対に最後のまとめまで華麗に着地させることができるようになる、絶対に知っておくべきコツをいくつか紹介していきます。

 

誰に何を伝えたいのかを決める

 

ブログを書き始める多くの場合、記事に書きたいことがあるけど、頭の中に書きたい内容がふんわりとある状態だと思います。

まずは、読んでもらう人のことを考えることから始めましょう。

はじめに、この2つを決めることが大事になります。

 

  • どんな人に向けるのか
  • 何を伝えるのか

 

今あなたの頭の中にあるアイデアが、どんな人に読まれたくて、その人に何を伝えていきたいかをイメージしてみましょう。

例えば、ブログの始め方を記事にしたいとします。

 

どんな人に向けて?

・これからブログを始めたい人
・始め方がわからない人

何を伝えるのか?

・ブログに始めるのに必要なもの
・ブログを始めるための手順

 

初心者はこんな簡単なことだけでも大丈夫です。

この内容をより具体的にしていくことで、この後の記事の作成もスムーズになります。

 

文章が読まれないのは誰のための記事かが分からないからです。

 

困っている人の立場になって考えることが大切です。
もしくは、困っていた過去の自分に伝えてあげるのも良いですね。

 

 キーワードを決める

 

次に記事を書く前にキーワードを決めましょう。

キーワードは決めた後にタイトルとして使用していく流れになります。

そのため、ここで決めるキーワードはかなり重要です。

なぜこんなにもキーワードを決めることが重要なのかというと、

 

キーワードを決める重要性

  • SEOに関係してくる
  • キーワードによって検索されやすくなる
  • タイトルで記事の内容が分かるため本文が読まれやすい
  • 自分が記事を書くときの道しるべになる

 

キーワードがない状態で記事を書き始めると、大抵の人が途中で迷子になってしまいます。

例えば、タイトルと内容がかみ合わなくなってしまったり、書かなくていいことまで書いてしまうということが起きやすいので、最初にキーワードを決めておくことはとても大切なんです。

そして、キーワードのつけ方にはポイントがあります。

 

キーワードは狙っていく。

 

これは覚えておきましょう。

 

例えば、ブログという1つのキーワードから狙おうと思った時に、

ブログ 始め方

なのか

ブログ 稼ぎ方

 

ブログという言葉に1つキーワードを付け加えるだけで、ユーザーが欲しい情報は意味が変わってきます。

そう、狙うキーワードによってターゲットも変化し、記事の内容も変わってくるんです。

このように、ここで決めたキーワードはとても大切な要素となって、後の流れに大きな影響を与えていきます。

 

そんなに簡単にキーワードが思いつかないよ。。

という方もいると思いますが、大丈夫です。

キーワードを選ぶときにこの”関連キーワード取得ツール”というものをを使うと便利です。

 

 

検索されているキーワードを自動で抽出してくれるツールで、ネタに困った時にも使える最強ツールの一つです。

もはやブロガーには必須アイテムです。

ぜひ活用してみてくださいね。

>>関連キーワード検索ツールを使ってみる

 

タイトルを決める

 

キーワードが決まったらタイトルを決めていきましょう。

タイトルを決めるのにいくつかポイントがあります。

 

タイトルを決めるポイント

  • 記事の内容が想像できる
  • タイトルは32文字以内
  • キーワードを入れるが2つまでにする

 

先程も伝えたように、タイトルは記事に繋がる入り口となるので、記事の内容を想像できるようなタイトルにする必要があります

 

そして、検索結果に表示される文字は32文字までと決まっています。

よく検索結果にタイトルの途中から、...となっているのを見かけますが、32文字を超えてしまっているからなんですね。

 

では実際に、いくつか注意しながら決めていきましょう。

 

まず、キーワードの盛り込み過ぎには注意が必要です。

SEOのことを意識しすぎてタイトルが単語が並んでいるだけになってしまっては、逆効果です。

 

例えば、『ブログ』を使ったわかりやすいタイトルの付け方にしようと思ったとき

○良い例

  • 初心者でも簡単に始められるブログの始め方
  • 読まれるブログの文章術
  • どんどん稼げるブログの作り方
  • ブログで月5万円の収入を得る方法

×悪い例

  • 初心者が稼げるブログ副業で月5万円収入を得る方法と簡単なブログの始め方

 

悪い例のようになんとなく分からなくもないけど、、クリックする気あまり起きなくないですか?笑

キーワードを詰め込みすぎて長くなると、自分が欲しい情報なのかがすぐに判断ができません。

 

タイトルはもちろんSEOに関わってきますが、まずそれ以前に読者が知りたい内容が入っているかの判断ができなければ意味がありません。
文章として分かりやすく、価値のあるものにしていくことが大切です。

ユーザーがスクロールしているほんのわずかな時間に、手が止まるようなグッとくるタイトルをつけていきましょう。

 

自然に読みたいと思えるタイトルが一番です。
ユーザーの立場に立って決めていくといいですね。

 

 記事の構成を決める

 

ここからは記事全体の構成を決めていきましょう。

ブログの記事の構成を決めるときに基本の型というものがあります。

大きく分けてこの5つの項目を記事に当て込んでいきます。

  • タイトル
  • 導入文
  • 見出し
  • 本文
  • まとめ

この項目をブログの型、いわゆるテンプレートに当てこんだ図になります。

最初の頃はこのテンプレートを使って進めていくとわかりやすいです。

こんなイメージです。

 

タイトルや見出しの前についてる、h1(タイトル)や、h2,h3(見出し)は見出しタグとよばれています。

見出しタグは、ユーザーと検索エンジンに記事の内容を伝えるとても重要な役割になります。

数字が小さいほど重要性が高まっていきます。(h1>h2>h3 こんなイメージです。)

見出しタグの内容は検索表示にも影響が出てくるため、正しく使っていく必要があります。

 

 導入文で記事本文までの流れをつくる

 

先ほど決めたキーワードをもとに導入文を書いていきます。

導入文は、タイトルを見て訪問した読者を一気に引きつけて本文に繋げていけるかが、かかっていている部分なんです。

読者は、ネット上のたくさんの記事の中からキーワードを検索して、せっかくブログに立ち寄ってくれてたとしても、ちょっと違うなと思った瞬間に離脱されてしまうなんてこともあります。

 

せっかくブログに訪問してもらえたのにもったいですよね。

 

そうならないために、読者の気持ちを引きつけて、記事に興味を持ってもらえるような導入文を書くためのポイントを紹介します。

 

導入文を書くときのポイント

  • タイトルと導入文は連動していること
  • 読者の悩みを伝える
  • 解決できる記事であることを伝える
  • 読者をを本文まで誘導する

 

導入文では、この記事がどんな内容なのかを短い文章で伝えていく必要があります。

とにかく読者は自分に必要な答えを探していて、そんな読者が記事に対する期待値を上げること、そして最終的に最後まで読み進めてもらうための役割になるんです。

導入文を簡単に書くための型というものがあります。

 

読者の悩みを提示する
解決できる理由を伝える
解決方法の提案する
最後にもう一度主張する

 

この型はどんな記事に使い回しができます。

読者が欲しい答えが見つかりそうだなと思えたり、悩みを提示して共感できるような内容を伝えて、自然に本文と繋がる導線を作っていきましょう。

 

読者のこころを惹きつけられるような導入文にできるよう意識しましょう。

 

まとめ 読まれるブログ記事にするために大切なこと

 

ここまで準備ができれば記事の本文を書き始めることができます。

最後におさらいです。

構成に大切なこと

どんな人に向けて何を伝えたいのかをはっきりさせておく
キーワードとタイトルは重要。
ユーザーの気持ちになる
導入文で読者の心を一気に掴む

 

文章を書く前に、記事の『型』を作ることでまとまりのある記事にすることができるようになります。

最初は慣れないかもしれませんが、数をこなしているうちにこの構成は絶対に身についてきます。

構成をしっかり組むことができたら、あとは一気に記事を書いていきましょう。

 

-ブログ運営

Copyright© HELLO 副業 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.